自転車のマナーについて

自転車の楽しみ方と盗難されないための対策

自転車のマナーが守られていないことが多いです

最近は自転車を乗る人のマナーが問題になることが多いものです。街中で歩道を自転車で、人混みの中を高速で走り去っていくことはとても危険なことです。
最近は自転車の人身事故が多くなっていて、特に若い人たちがながらスマホで音楽を聞きながら、自転車を運転していて、歩道を走っていたりして歩いている人とぶつかって、怪我をさせたりするという事故が多数報告されています。
自転車にも自動車と同じように保険を義務付けようというような意見もあります。
自転車も自動車と同じ乗り物ですから、道路交通法は守らなければなりません。それに違反することは許されないことなのです。しかし、自転車に乗っている人たちはその認識があまりないようで、気軽に自転車に乗って走っている人の方が多いのです。
それに、自転車のベルは人に向かって鳴らしてはいけないことになっているのですが、平気で「道を開けよ」と言わんばかりにベルを鳴らす人がいます。自転車のベルは交差点や脇道があるところの前で自転車が来てますよ、と教えるためにあるもので、人に向かって鳴らすのはマナー違反なのです。
街中で人混みを縫うように走らせたり、違法駐輪をしたりして迷惑をかける自転車が多くなっています。